とんどの名前が変わらない

地域のとんど祭りがありました。子どもたちが一建ずつ回って、とんどをついてくれます。
子どもたちはかわいいのですが、とんどには軽いトラウマが。歌の○○ちゃんに婿(嫁)をとっての箇所です。

いまだに私の名前でついてもらっているなんて……十年前には思いもしなかったな、と思わず空笑いをしてしまいます。
子ども会の役員さんも、「ああ、ここは今年も○○(私)ちゃんでいいんだね」と言わずもがなの念押しをしてきます。
見ればわかるでしょ、いちいち確認とらなくてもいいよ。

とんどもちをもらって家に入ろうとしたとき、道から、「いのこってあまりご利益ないねえ」という子どもたちの声が聞こえてきました。

その夜、妹が「毎年お姉ちゃんの名前でずるい」と暴れました。
30も過ぎた姉妹が低レベルな争いをしています。